The Newyork Times
これらのカワウソはアジアで人気のあるペットです。
それがカワウソの絶滅をもたらすかもしれないのに。


コツメカワウソは、特に日本でノベルティペットとして人気が高まっています。現在、この種の国際貿易は禁止されている可能性があります。

東京—私たちは彼らを見る前に匂いを嗅いだ。圧倒的な尿と糞の臭いの中、私たちは狭い階段を下りて窮屈な地下室に入り、ボロボロのオットマンが小さなワイヤーケージに面していました。

檻の中には、星の魅力と匂いの源が立っていました。4匹のアジアの小さな爪のカワウソです。私たちを見つけると、動物は鳴き声、囁き声、叫び声、悲鳴を上げます。

日本語、北京語、英語で警告が印刷されたラミネートシート(「カワウソは時々暴力的になる」)を回った後、ハンドラーがケージを開けました。動物たちはボルトで締めて部屋の中を飛び回り、ラップを駆け巡り、キブルをゴロゴロと飲みました。

彼らの管状の茶色の体は滑らかで毛皮のようなクッションのように感じられ、アニメーション化されたひげのフレームの顔は子犬の顔のようでした。自撮り写真は難しいことがわかりました。30分間のセッション中、カワウソは動きを止めませんでした。
カワウソは臭いがあり、騒々しく、非常に活発です。彼らは鋭い歯と顎を持っており、貝を割るのに十分な強さを持っています。しかし、現在12を超えるアニマルカフェがカワウソを飼育している日本では、エキゾチックなペット、フクロウ、スローロリス、フクロモモンガ、リクガメに取って代わって人気を博しています。

多くのカフェやペットショップでは、家に持ち帰りたい人にカワウソを販売しています。「ペットとしてカワウソを飼う人気が高まり、需要が急増しています」とカフェアテンダントは私たちのグループに語った。「しかし、供給は追いついていない。」



ペットのカワウソは日本だけではありません。また、インドネシア、タイ、ベトナム、マレーシアでもますます一般的になっています。オレゴン州立大学の保全生物学者であり、国際自然保護連合のカワウソ委員会の共同議長であるニコールデュプレーは、インターネットがペットとしての人気と貿易の指数関数的な増加を大きく促進したと述べています。
「売り手はオンラインで宣伝し、ペットの飼い主は小さなカワウソの無限のかわいい写真を投稿します。これは、カワウソが素晴らしいペットを作るというニュースを広めますが、そうではありません」とデュプレ博士は言いました。

これらのペットはどこから来たのですか?カワウソは、適切な技術がなければ飼育下で繁殖するのは困難です。多くの自然保護論者は、ペットとして売られている動物の大部分は野生で捕獲されていると信じています。

タイでは、空港の警備でカワウソを密輸しようとして逮捕された日本人が多数逮捕されました。ベトナムでは、人身売買業者から没収された動物をリハビリする非営利団体であるSave Vietnam's Wildlifeが、グループの14年の歴史の中で初めてカワウソの受け入れを開始しました。警察は11月だけで10匹のカワウソをグループに届けました。

東南アジアで見られる絶滅危惧種のビロードカワウソと絶滅危惧種のスマトラカワウソは、ペット取引に巻き込まれることがあります。しかし、「末期的にかわいい」絶滅危惧種であるコツメカワウソは、密猟者の主な標的になる傾向があるとデュプレ博士は述べた。



ペットの取引が始まるずっと前に、3つの種すべてが問題を抱えていました。汚染と開発は彼らの生息地を破壊し、漁師と養殖農家は競争を排除するために動物を殺します。密猟者はまた、通常中国に送られるカワウソの皮膚を標的にします。

英国のオックスフォードブルックス大学の人類学者であるVincentNijmanによると、カワウソのペットの流行がいつどこで始まったかは正確にはわかりませんが、多くの専門家はそれが約5年前にインドネシアで発生したと信じています。
コツメカワウソはインドネシアでは国内で保護されていませんが、保護されていない野生生物の取引はすべて収穫割当の対象であり、カワウソの割当はありません。これは特別な許可なしに彼らの商取引を違法にする、とNijman博士は言った。

「現在、FacebookとInstagramで何百ものオファーがあり、許可を得ているものはありません」と彼は付け加えました。

インドネシアのカワウソの飼い主は、小さな肉食動物のファンのためのオンラインコミュニティである「ジャコウネコ愛好家」グループに参加することがよくあります。ナイマン博士は、メンバーが集まって動物を披露し、たとえば日曜日にジャカルタでひもにつないで通りをパレードしていると述べた。

「インドネシアの全国ニュースとオンラインで、これは受け入れられ、楽しく、斬新で刺激的なものとして提示されました」とNijman博士は言いました。「通常の猫や犬とは違うものが欲しい人向けです。」

タイでは、カワウソの捕獲、販売、輸出は違法ですが、オンラインでも自由に取引されています。オックスフォードブルックス大学の博士課程の候補者であるPenthaiSiriwatは、2017年から2019年初頭にかけて7つのタイ語のFacebookページを監視し、572頭の個別の動物が販売されていることを発見しました。

「それはちょうど増加している」と彼女は言った。タイで販売されているカワウソの半数以上は、まだ目を開けていない新生児のくずであると、シリワット氏はJournal of Asia- PacificBiodiversityで報告しました。

残りは主にキャットフードで離乳した少年であり、売り手は生きることが保証されているため、より高価であると主張しています。



スコットランドに本拠を置く非営利団体であるInternationalOtter SurvivalFundの運営責任者であるPaulYoxonは、次のように述べています。「若いカワウソは、母親がゴミを守るために殺されている間、野生から連れ去られることがよくあります。「利用可能な新生児が非常に多いという事実は、トレーダーが動物が生き残るかどうかについて心配していないことも示唆しています。」

カワウソの取引はタイから、特に日本に広がっています。野生生物の違法取引を監視しているグループであるTrafficJapanによると、人気のテレビシリーズはペットのカワウソを特集することでトレンドを開始するのに役立ちました。ソーシャルメディアのスターは、カワウソのカフェへの訪問のビデオでフォローアップしました。そのうちのいくつかは数百万回の視聴を獲得しています。

「カワウソの問題は、私の友人でさえ、今では普通の人々だけがカワウソをペットとして飼うことに興味を持っていることです」と、TrafficJapanの研究者である成瀬ゆいは言いました。「私たちには、日本に深く根ざしたこのかわいらしさの文化があり、このトレンドに大きな役割を果たしています。」

2018年、成瀬さんらはオンライン調査を実施し、全国で85頭のカワウソが販売されていることを発見しました。小売業者のほぼ半数が、彼らの動物は日本で飼育下で飼育されていると主張しました。

しかし、成瀬さんとその同僚たちは、国内で飼育下繁殖の証拠を発見せず、カワウソが海外から密輸されているという疑いを強めました。(日本の在来カワウソ亜種は2012年に絶滅したと宣言されました。)

トラフィックの調査によると、2017年に東南アジアで押収されたカワウソの70%は日本向けでした。当局は、2016年から2017年にかけて少なくとも39頭のカワウソが日本に来るか、日本に向かうことを押収した。昨年10月に広く報道された事件で、東京地方裁判所は、タイから東京に5頭のカワウソを密輸したとして2人の男性を起訴した。
疑わしい起源

東京、名古屋、福岡に支店を持つ人気のカワウソカフェ、コツマテのオーナーである永安義明さんが警察に通報した。密輸業者の一人が長安さんに電話をかけて、カワウソの赤ちゃんを売ろうと申し出た。長安さんは不正行為を疑って警察に通報した。



長安氏は、壁に日本のYouTubeやテレビの有名人のサイン入り写真が並んでいる東京のカフェの場所で、インドネシアのマランに設立した繁殖施設から来たと述べ、違法取引から救出されたカワウソを受け取ったと主張しました。そしてそれらを繁殖させました。

最強の子孫は野生に放たれ、残りは日本に送られ、長安氏はそれぞれ1万ドル以上で販売しているという。施設の維持と野生のカワウソの保護のために、すべての利益はインドネシアに還元されると彼は言った。

「私たちがこのビジネスをしなかったら、あなたが今ここで見ているすべてのカワウソはおそらく死んでいるでしょう」と長安氏は言いました。

しかし、インドネシアのメダンに本拠を置く非営利団体であるスコーピオン野生生物取引監視グループと国際カワウソ生存基金によると、インドネシアのナガヤス氏の施設であるケブンアラムジャヤの地上では、保全の証拠はほとんどありません。

スコーピオンの事務局長であるグヌン・ギアは、次のように述べています。
Gea氏が撮影した写真は、小さなワイヤーケージとセメントピットにいる大人のカワウソが、カブを入れるのに十分な巣箱がないことを示しています。英国のニューフォレストワイルドライフパークのコレクションのキュレーターであり、IUCNの顧問であるジェイソンパーマー氏によると、すべての動物は野生で捕獲されたようです。

「この場所は非常に疑わしいように見えます。まるで動物の販売のための保管施設にすぎません」とパーマー氏は言いました。「救助と再解放または繁殖センターを示すものは何もありません。たとえそうだったとしても、カワウソは野生で生き残るためのケアや環境を持っていません。」

長安氏は、彼の施設にいるすべての成体のカワウソが、インドネシア政府が違法な野生生物取引から押収した救助であることを証明する書類を持っていると述べた。彼はタイムズの記者と書類を共有することを拒否し、代わりに彼女をインドネシア政府に紹介した。

インドネシア政府当局者はコメントの要請に応じなかった。トラフィックの東南アジア事務所によると、インドネシアは2015年から2017年にかけてわずか8匹のカワウソを捕獲しました。Gea氏はKebun AlamJayaへの訪問中に16頭の成獣を数えました。

長安氏は、カワウソを合法的に日本に輸入したと付け加えた。すぐにそれはもはや不可能かもしれません。

5月には、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(Cites)の会議で、国際的な代表者が、短い爪で滑らかにコーティングされたカワウソに最高レベルの保護を与えるかどうかについて投票します。

提案が可決されれば、野生のカワウソの国際商取引は禁止されるでしょう。

ベトナムの野生生物を救うための科学顧問であるダニエル・ウィルコックス氏は、Citesの下での保護の強化はカワウソにとって恩恵となるが、違法取引を終わらせることはないだろうと述べた。腐敗と執行の課題は障害を生み出し、Citesによって完全に保護されている多くの種が依然として違法に販売されることを可能にします。
「ペットの取引を完全になくす方法はありません」とウィルコックス氏は語った。



それを考えると、ウィルコックス氏は、保護活動家はカワウソの飼い主と直接協力するよう努めるべきだと信じています。

「ベトナムのような郡では、人々がカワウソを食べるよりも飼っている方がはるかに良いです」とウィルコックス氏は言いました。「これらの人々の中には、自分の動物を本当に気にかけている人もいます。カワウソを飼うことが間違っている理由を示すために彼らと関わる方法を見つけることができれば、野生生物保護の擁護者になることができます。」

シンガポール国立大学の生物学者であるSivasothiNは、チャンスがあれば、混雑した東南アジアでもカワウソと人々が共存できると述べています。

1980年代半ばまでに、シンガポールのカワウソは汚染と開発のために姿を消していました。国が浄化キャンペーンを始めた後、動物はゆっくりと戻ってきました。

現在、11のカワウソの家族が島に住んでいます。Sivasothi氏によると、彼らの80余りのメンバーは、厳格に施行された密猟防止法と、広範な公的支援の恩恵を受けています。

「カワウソが家族で一緒に移動することには、きしむ音、ダイビング、​​魚の捕獲など、人々を本当に興奮させる何かがあります」とSivasothi氏は言いました。「シンガポール人は再び水を見始めています。」