National Geographic
野生のカワウソは最新のエキゾチックなペットのトレンドです
Wild otters are the latest exotic pet trend 

2019年1月10日

コツメカワウソは東南アジアで人気のペットになりました。インドネシア、タイ、日本などの人々は、1匹を所有するために数千ドルを支払います。
これらの密猟された動物の市場は東南アジアで活況を呈しています


彼女はひもにつないで散歩に行きます。彼女はベッドで寝て、ボールで遊んで、ぬいぐるみにしがみついています。このペットは犬でも猫でもウサギでもハムスターでもありません。彼女は小さな爪のカワウソで、野生では魚や甲殻類、小川やマングローブのフロリックを狩るアジアの種です。

彼女の名前はサクラで、YouTubeとTwitterでの彼女の日本での生活のビデオは、彼女をソーシャルメディアでセンセーションを巻き起こしました。

コツメカワウソと、それほどではないにせよ、東南アジアで見られる他の3種のカワウソ、ユーラシアカワウソ、ビロードカワウソ、スマトラカワウソは、地域のペット取引の新しいスターになりました。研究者たちは、人々がインドネシア、タイ、その他の東南アジアの国々で野生からそれらを盗んで、そこでペットとして販売していると信じています。

「残念ながら、かわいい要素は魅力です」と、世界の野生生物取引を監視する主要な組織である非営利のトラフィックの東南アジア支部のディレクターであるカニサクリシュナサミーは言います。「これらの動物は非常に人気があります。」

東南アジアで見られるカワウソは、細身の小さな体、ぽっちゃりした脚、赤ちゃんの顔など、知的で魅力的です。人々はこれらの生き物の1つを所有するために数千ドルを支払うでしょう。

最近のトラフィックレポートによると、東南アジアの5か国でFacebookで販売されているカワウソの数を数えている研究者は、2018年1月から5月中旬までに少なくとも700頭を記録しました。ほとんどの売り手は、小さい(10ポンド未満の)若い小さな爪のカワウソを提供しました。 )より長い爪の対応物より。

カワウソの4種は絶滅の危機に瀕していませんが、正確には繁殖していません。彼らは危険な農薬を摂取し、開発のために生息地を失っています。彼らはまた、中国で特に人気のあるコートや帽子に作られた密な毛皮と、アジアの特定の地域で癒しの力があると信じられている血、脂肪、骨で長い間密猟されてきました。

しかし、ペットの取引は、野生のこれらのカワウソにとって最も差し迫った脅威として浮上している、とトラフィックレポートは述べています。

飼育下でそれらを繁殖させることは可能ですが、難しいとクリシュナサミーは言います。カブスと両親を健康に保つために、飼い主は彼らに高度に専門化された食事を与え、ジステンパーなどの感染を防ぐためにショットを与える必要があります。

「子猫の繁殖とは異なります」と、オレゴン州立大学コーバリス校でカワウソの生態について教え、種の保全状況を設定する国際自然保護連合のカワウソ専門家グループの議長を務めるニコールデュプレーは述べています。。「カワウソ工場のようなものはありません。」

動物を保護するために、ほとんどの東南アジア諸国は、捕獲、販売、所持、輸送を禁止する法律を制定しています。小さな爪のカワウソ、ビロードカワウソ、スマトラカワウソは、世界の野生生物取引を規制する絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)の付録IIにも記載されています。これは、人々がそれらを輸出するための許可が必要であり、野生からカワウソをとることが種の生存を危険にさらさないとソース政府が決定した場合にのみ許可が与えられることを意味します。

いくつかの国が特定のカワウソの種の国際取引を禁止したい、との主要な今後ので月に会議をワシントン条約、国は、移動するための新しい提案について議論するアジアの小ツメガエルカワウソとビロードカワウソ条約の付属書Iにします。上場はそれらの種のすべての国際的な商業取引を禁止するでしょう。ユーラシアカワウソは1977年以来付録Iに記載されています。

これらの制約にもかかわらず、ペットのカワウソの違法な商取引は、毒蜘蛛から大型猫、話す鳥まで、あらゆる種類のエキゾチックな動物を普及させ、人々がそれらを販売しやすくしたソーシャルメディアプラットフォームで繁栄しています。

「オンライン取引は、オンラインで起こっていることを監視することが非常に難しいため、残念ながら無意識のうちにエキゾチックなペットの所有権を奨励してきました」とクリシュナサミーは言います。

トラフィック調査によると、Facebook広告の大部分はインドネシアからのものであり、タイがそれに続きます。(研究者はフィリピンから何も数えず、マレーシアとベトナムから合わせて約30人)。

クリシュナサミーによれば、インドネシアとタイでは、エキゾチックなペットを飼うことは「文化に深く根付いています」。広告は地元のバイヤーをターゲットにしているように見えたが、チェックポイントでのカワウソの押収は、国境を越えた取引もあることを示している。

昨年、タイのドンムアン国際空港(バンコク)で、ペットのカワウソが急増している日本に10匹のカワウソを密輸しようとした女性が拘束されました。(動物はカフェに現れ、リアリティ番組のスターであり、カワウソ総選挙と呼ばれる毎年恒例のコンテストで最も愛らしいものを競います。)

米国を拠点とするある売り手、ジェームズ・リリーは、東南アジアで見つかったカワウソの種を繁殖させ、彼らは良いペットを作るとテキストメッセージで書いています。彼らは遊び心があり、飼い猫のように振る舞います、と彼は言います。

しかし、デュプレによれば、彼らは破壊的で、大きな口笛の音を立て、彼らが望むものを手に入れられないときに攻撃的になる可能性があります。彼女は彼らの鋭い噛みつきをミシンのピアス生地の噛みつきに例えています。「オオカミの子はとても甘いかもしれませんが、オオカミとして成長するでしょう」と彼女は言います。「カワウソでも同じです。」


トム・テイラーは、タイの搾取的な国内状況からカワウソを含む野生生物を救助する非営利団体、ワイルドライフフレンズ財団タイのプログラムディレクターです。「私たちは不要なペットの数に追いつくことができません」と彼は電子メールで書いた。

カワウソをペットとして飼うことは、動物にとっても良くありません、とテイラーは言います。野生では、淡水を愛する肉食動物は最大15人の家族グループに住んでいます。これは、他のカワウソから隔離され、浴槽に浸かるだけの飼育下での生活とは対照的です。「ほとんどのペットのカワウソはおもちゃのように扱われます。ペットのリードに付けられ、人形の服を着て、非常に悪い人間の食事を与えられます」とテイラーは言います。

クリシュナサミーなどは、カワウソをペット取引から保護するために、既存の規制とより強力な法律のより良い施行を求めています。たとえば日本では、コツメカワウソを飼うことは合法です。また、トラフィックレポートによると、インドネシアは野生のカワウソの販売を明示的に禁止していません。国が合法的な販売のための割り当てを設定していないので、そこでそれらを販売することは違法であるだけです。

Duplaixやその他の人々も、カワウソをペットとして飼うべきではないという言葉を広めたいと考えています。彼女が言うように、「それはクールではありません。」