岡本由美子1,2、笹木宏1,3
1コツメカワウソ保護協会、1-12-2、石坂、太宰府818-0192、日本、電子メール:yumikohaku88@gmail.com
2 Hsinchu Zoo、279、Kung-Yung Rd、Hsinchu City、Taiwan 300
3筑紫女学園大学現代社会学科
要約:日本アジアカワウソ保護協会(AOCSJ)は、カワウソに影響を与える保護活動を促進するために、2019年10月1日に日本のカワウソ研究者によって設立されました。飼育下のコツメカワウソの違法取引は、日本で最も深刻な動物福祉問題の1つであり、8月にCITES付録のランクがIIからIに変更された結果、この種の新しい規制システムが11月26日に開始されました。 2019.これについて一般の人々を教育し、彼らと議論するために、2019年11月3日にAOCSJによってシンポジウムが開催されました。このシンポジウムでは、4つのプレゼンテーションとパネルディスカッションが55人の聴衆と共有されました。メディアジャーナリスト。これらのプレゼンテーションの重要なポイントは次のとおりです。1)カワウソのレンタル、借り入れ、授受を含む所有者のいくつかの行動は、売買だけでなく、絶滅危惧種の野生動植物の保護に関する法律(LCES)の下で規制されます。2)LCESに基づくコツメカワウソを販売する場合は、登録番号、登録日、有効期限が必要になります。3)この登録には、より厳格な規則と宣伝を適用する必要があります。また、将来、合法的に保持されている個々のカワウソのみを登録できるようにするには、明確な規則が必要です。AOCSJは、カワウソに対する意識を高め、市民の行動の変化を促進し、削減することで野生個体群のより効果的な保護を支援し、アジアのコツメカワウソに対する日本のペット取引からの圧力を取り除くことを望んでいます。引用:岡本恭子、佐々木博(2020)。日本におけるコツメカワウソ(Aonyx cinereus)の新しい必須登録システムの意味。IUCNカワウソ仕様。グループブル。37(2):127 -130
キーワード:教育、野生生物法、保存

前書き
2019年10月1日、日本のカワウソ研究者により、カワウソの保護活動を促進するために、アジアカワウソ保護協会(AOCSJ)が設立されました。いくつかのカワウソ関連の問題の中で、コツメカワウソ(Aonyx cinereus)の違法取引は日本で最も深刻な問題の1つです。この種を保護するために、2019年8月にCITES付録のランクがIIからIに変更されました。そのため、11月26日、日本では、記載されているすべての種を保護するLCESに基づいて、捕獲されたコツメカワウソの新しい必須登録システムが開始されました。 CITESの付録I。そのため、AOCSJは、この新しい規制システムについて一般の人々に教育し、話し合うために、11月3日にシンポジウムを開催することを決定しました。

シンポジウムの内容
このシンポジウムでは、日本におけるコツメカワウソの法と状況に関する4つのプレゼンテーションが講演者によって行われ、パネルディスカッションの時間中にいくつかのトピックが議論されました。最初の講演「日本におけるコツメカワウソに関するLCESの新規制」は、環境省の佐藤裕紀によって発表されました。CITESとは何かを簡単に紹介した後、CITESを簡単に紹介した後、生きているアジアのコツメカワウソとビロードカワウソにどのような規制が適用されるのかを説明しました。重要な点は、以前はまったく規制されていなかった売買に加えて、カワウソのレンタル、借り入れ、授受など、より多くの活動がLCESの下で規制されることです。したがって、人々はカワウソをペットホテルに入れる前、および販売するカワウソを宣伝または展示するときに登録する必要があります。ただし、これらの規制が施行される前に、商業活動を行わずにカワウソを個人的に飼っている場合は、登録は不要であることを忘れないでください。佐藤さんはまた、カワウソを登録するために何が必要かを説明しました。カワウソにはマイクロチップが必要で、5年ごとに再登録する必要があります。したがって、LCESに基づくコツメカワウソを販売する場合は、登録日と有効期限が必要になります。最後に、違法取引に対する罰則が導入されました。

第二に、「日本のカワウソの貿易と管理システム」は、日本事務所のトラフィックの長である北出朋美によって発表されました。今回の発表では、北出朋美が日本のカワウソの取引状況と管理体制について説明しました。最初に、彼女は、2016年から2018年の間に47頭のカワウソが密輸事件で没収され、6人の日本人が逮捕されたことを示しました。2018年10月にTRAFFICが発表した緊急報告書によると、商業的に取引されているカワウソの90%以上がコツメカワウソであり、そのうち25頭は2016年から2017年にアジア諸国から輸入されました。また、2000年から2017年の間に19個体が動物園や水族館に輸入されました。人々は通常、7,200〜14,580米ドルでカワウソをオンラインで販売していることが明らかになりました。カワウソカフェの数は増え続けており、いくつかの動物園がカワウソを動物販売店に販売しているという事件がいくつかあります。日本社会におけるカワウソの絶大な人気は、主にソーシャルメディアのために発生しました。最後に、彼女は、飼育下のカワウソに関するこの新しい法的規制のいくつかの問題を指摘しました。たとえば、密輸されたカワウソが合法的に輸入されたものとして登録されたり、日本で国内で飼育されたりすることを避けるために、DNA親子鑑定などのより厳しい規則が必要です。結論として、より厳格な規則とそれらについてのより多くの宣伝が必要であり、不法に取得された動物を飼育することが非常に困難になるように規則を明確にする必要があります。

3回目の講演では、日本の動物愛護団体であるPEACEの東幸子さんが「動物の愛護および管理法の改善に向けた取り組みと展示動物」について発表しました。吾妻幸子は、「動物の愛護および管理に関する法律」の改善と飼育下の動物の飼育基準の改善に向けた取り組みについて説明した。まず、劣悪な環境で飼育されているコツメカワウソのビデオを上映しました。地方自治体は、2019年6月に4回改正され、施行されるこの法律に基づいて、飼い主に動物の環境を改善するよう促すことができます。ただし、そうするための必須の要件はまだありません。また、「動物の愛護および管理に関する法律」はLCESに関連しています。LCESに基づいてディーラーが逮捕された場合、「動物の愛護および管理に関する法律」の新しい規則に従って、この人物は5年間取引できません。動物の」。それに加えて、この変更後、「一流の動物取り扱い事業」(動物販売業者)にはより厳しい規則が適用されます。しかし、現時点では、この規則が犬や猫以外の飼育下の動物にどのように機能するかは明らかではありません。この法律が変更されたとき、飼育下の飼育基準の確立を検討し、野生動物の飼育下での飼育を制限するためのいくつかの措置を講じるべきであるという追加の決議も提案された。最後に、東さんは、違法取引が行われ、日本では動物福祉が非常に貧弱になっていると述べました。野生動物の私的所有の需要を増大させるカフェやふれあい場所を閉鎖するには、はるかに厳しい規則が必要です。

最後の講演は、横浜動物園動物園伊藤さくらによる「JAZAにおけるコツメカワウソの管理体制と状況」でした。伊藤さくらは、日本動物園水族館協会(JAZA)の会員で、飼育下のコツメカワウソの管理体制と状況について説明しました。まず、コツメカワウソは「管理種」に指定されています。つまり、動物園や水族館で国内ガイドライン、畜産指導、研究計画を作成する担当者が、この種の血統登録と管理繁殖を管理しています。 。次に、伊藤氏は、現在JAZA施設に飼育されているアジアのコツメカワウソのおおよその数を示し、CITESIとして指定された種を飼育施設間で移動するために必要なプロセスについて説明しました。これらの個体のほとんどは、日本で飼育下で生まれました。将来的には、JAZAにはこれらの目標があります。1)遺伝的多様性に優れたこの種の安定した個体群を作成する。2)生殖生理学に関する研究を実施する。3)東南アジアの動物園、水族館、救助センターとの協力的な支援とアドバイスのシステムを構築する。

シンポジウムの最後には、すべての講演者によるパネルディスカッションが行われ、さらに説明し、聴衆からの質問に答えました。質問例:1)動物園や水族館に保管されているコツメカワウソの移動には、首相の許可が必要ですか?答えはイエスでした。CITESI種を移管する際には、事前に政府の許可が必要です。2)第3回発表で紹介した動物福祉改善のための追加決議については、今後本当に発効するのか。答えはノーでした。法的権限がないため、この提案が発効する保証はありません。3)DNA親子鑑定にはどのような材料を使用できますか?私たちの社会の理事の一人である和久氏は、この検査には血液サンプルや毛根を使用できると答えました。

結論
シンポジウムのメインテーマは非常に専門的でしたが、各プレゼンテーションのトピックが多様であったため、法改正について広い視野で議論することができました。このシンポジウムが、日本のコツメカワウソの捕獲状況にプラスの影響を与えることを願っています。
このシンポジウムには、メディアジャーナリスト数名を含む55名が参加し、聴衆から多くの質問が寄せられました(図1)。日本で捕らえられているコツメカワウソの問題を解決するには、国民の意識と行動の変化が非常に重要です。AOCSJは、生息域外および生息域外でのカワウソの保護に向けた取り組みを継続します。